システム化した通信

システム化した通信

システム化した通信

通信と言えば、皆さんは、何を思い浮かべるでしょうか?
おそらく今では、インターネットになるでしょう。
すでに日常化し、環境さえ整っていれば、どこからでもアクセスが可能です。
パソコンからばかりでなく、携帯電話やスマートフォンを利用することで、外出先でも利用できます。
あるいは、データ通信端末を使っているのであれば、ノートパソコンでも、外出先から利用できます。
中には、電車の中で仕事の続きをしている人がいるかもしれません。
それだけ、インターネットが使いやすくなったことの証左でもあるでしょう。
けれども、通信にも色々なものがあり、インターネットばかりではありません。
たとえば、電話は、通話可能な通信手段として、画期的なものでした。
20世紀初頭に日本でも導入され、国家プロジェクトの一つでした。
これは、20世紀末のIT戦略により、光回線の導入が推進されたことと似ている面があるかもしれません。
また、今では、CATVも、通信の一種と見なすことができます。
当然、ケーブルテレビであるため、放送の一つでもあります。
しかし、CATV回線を使った通信が可能であり、インターネットにも接続できます。
スピードも、光回線に近く、使用に支障はないでしょう。
もっとも、今の光回線であれば、ギガクラスもあるため、CATVの方が期待値としては、遅い面があることは否めません。
けれども、専用線であることに変わりはなく、当然、電話回線によるインターネット接続よりは、安定度が高いと言えるでしょう。
さらに、こういう回線そのものばかりでなく、インターネットなどで利用できるサービスも、一種の通信であることは、言うまでもないでしょう。
今では、SNSなども多数の人が利用し、世界中で人気を呼んでいます。
海外に友人を作りたい人にとっては、最適なものかもしれません。
以上、代表的な通信を取り上げましたが、いずれも、それに見合ったシステムの上で、構築されています。
したがって、個人で利用する場合も、そういうことを念頭にしておくことも、有益ではないと言えないでしょう。
このサイトでは、そういうシステム面を考慮した通信の解説をしています。
独自の視点からになりますが、お役に立つようであれば、何よりです。

Copyright (C)2014システム化した通信.All rights reserved.